働く京都の大学生日記
働くってどういうこと?就職って何?大学生は何を学ぶ?働きながら考えるブログです。
新ブログはこちら。

京都で一番有名ではない観光・就活・労働・写真ブログ



プロフィール

京都の大学生

Author:京都の大学生
大阪・難波でドラフト指名を受け、生まれる。天王寺にFA移籍後、奈良にトレード放出、京都にコンバートして今に至る。ひとり三都物語。政治・経済・法律・文化・教養と知識が多岐に渡っていると本人は思っているが、普段はくだらない発言ばかり。守備職人。趣味はテニス、好きな食べ物はドリア、好きな角度は斜め上。

現在は、京都系ベンチャーで営業修行中。



カテゴリー



インターンシップ情報!



愛用中

牛革 名刺入れ コバルトブルー



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



働きマン

働きマン(1)

働きマン(2)



ペット



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



ペット



京都系ベンチャーの本

フリーターっていいの?悪いの?



読むべき本

「外向きサラリーマン」のすすめ

認められたい!

選別主義を超えて

ベンチャー企業の「仕事」

ホンネで動かす組織論

求む、仕事人!さよなら、組織人

囲い込み症候群

仕事人と組織



欲しいもの

PROPAGANDA(プロパガンダ) ONE MAN KEY キーホルダー アイボリー3311:Yoshii9

【箱入】 生チョコもっちもち 6個【送料無料!】折りたたみ電動アシスト自転車ティグレGT/ガンメタリック

【送料無料】パナソニック 200GBHDD内蔵DVDレコーダー DIGA DMR-EX150-S[DMREX150S]プリンス オースリーホワイト (硬式テニスラケット)



リンク

このブログをリンクに追加する



ヒデキについて



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


BPOがTV局に「自粛要請」
J-CASTより。  -*- -*- BPOがTV局に「自粛要請」 問題「罰ゲーム」は「めちゃ×2イケてるッ!」? 放送倫理・番組向上機構(BPO)の「放送と青少年に関する委員会」が、バラエティー番組の「罰ゲーム」などのシーンで、出演者の心身に対する暴力・性的表現が過激化する傾向があるとして、各テレビ局に改善を求めた。行き過ぎた「罰ゲーム」の自主的な自粛を求める内容だが、実はBPOに同様の理由でお灸を据えられた過去もある。 「バラエティ番組に過激化する傾向が見受けられる」 BPOはバラエティー番組の「罰ゲーム」を問題視している BPOの「放送と青少年に関する委員会」は2007年10月25日、バラエティ番組の「罰ゲーム」に代表される「出演者の心身に加えられる暴力・性的表現」について、青少年の人間観・価値観を形成する上で看過できないとして、各テレビ局に遺憾の意を表明するとともに今後の対応を求める見解を発表した。 この見解では、番組名や具体的な「罰ゲーム」の内容については触れられていないが、現在放送中のバラエティ番組で、若干の改善が見られるものの、あるものに関しては時を追うごとに過激化する傾向が見受けられる、としている。また、視聴率が高いとされるバラエティー番組については、視聴者から批判的な意見が寄せられるほか、同委が設置したモニター会議のなかで、参加した中学生からも「出演者をいたぶる」暴力シーンについて、一様に不快感を示されたという。同委は、放送されている内容や表現はすべて「社会的に肯定されている」と受け止められやすいとして、 「人間を徒に弄ぶような画面が不断に彼等の日常に横行して、彼等の深層に忍び込むことで、形成途上の人間観・価値観の根底が侵食され変容する危険性もなしとしないので、これらの動きが今後とも増幅されることのないよう一考を促す」 と指摘している。さらに、同委の要望が繰り返し無視されるようなことがあれば、「メディアの自浄作用を疑わせる結果を生む」とまで述べられており、「罰ゲーム」などについての改善を強く求める内容になっている。 フジテレビ「BPOの指摘・要望を遵守している」? 実は、この「放送と青少年に関する委員会」は00年にも同様の理由で、フジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」の「しりとり侍」コーナー、テレビ朝日「おネプ!」の「ネプ投げ」コーナーについての問題を指摘。両局はコーナーの放送を中止・終了するなどしていた。 ちなみに、「しりとり侍」はしりとりゲームをして間違えた人が罰として野武士の集団に襲われ、メッタ打ちにされるというもので、「ネプ投げ」は女性のスカートの中が見え隠れするのを売り物にした、女性を巴投げして幸せを授けるというもの。 BPOは「具体的な番組について述べたものではない」としているが、「めちゃ×2イケてるッ!」では、しりとりゲームで間違えた人が、相撲力士のような人に振り回されたりするシーンもあり、テレビ朝日のある番組でも、就寝中のタレントに大量の蝋をかけたり、近くで巨大な風船を割ったりするシーンもある。さらに、他局では、笑わないというルールのなかで笑った芸人が竹刀などで殴打されるなどの罰を科すというものもある。 フジテレビ広報部はJ-CASTニュースに対し、BPOの見解について 「真摯に受け止め、今後とも番組作りに反映させていく。BPOの見解については弊社の番組審議会にも報告する」 とコメント。「めちゃ×2イケてるッ!」について00年のBPOの指摘・要望を遵守していると考えているのかという問いには「その通りです」と答えている。 テレビ朝日広報部は、 「BPOの見解につきましては真摯に受け止め、より良い番組作りの参考にさせて頂いております」 と述べている。  -*- -*- おもしろい番組づくりをするために 多少の過激は必要だと思うのですが たまにいう 「死ねっ」という表現は やめてほしいですね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。