働く京都の大学生日記
働くってどういうこと?就職って何?大学生は何を学ぶ?働きながら考えるブログです。
新ブログはこちら。

京都で一番有名ではない観光・就活・労働・写真ブログ



プロフィール

京都の大学生

Author:京都の大学生
大阪・難波でドラフト指名を受け、生まれる。天王寺にFA移籍後、奈良にトレード放出、京都にコンバートして今に至る。ひとり三都物語。政治・経済・法律・文化・教養と知識が多岐に渡っていると本人は思っているが、普段はくだらない発言ばかり。守備職人。趣味はテニス、好きな食べ物はドリア、好きな角度は斜め上。

現在は、京都系ベンチャーで営業修行中。



カテゴリー



インターンシップ情報!



愛用中

牛革 名刺入れ コバルトブルー



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



働きマン

働きマン(1)

働きマン(2)



ペット



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



ペット



京都系ベンチャーの本

フリーターっていいの?悪いの?



読むべき本

「外向きサラリーマン」のすすめ

認められたい!

選別主義を超えて

ベンチャー企業の「仕事」

ホンネで動かす組織論

求む、仕事人!さよなら、組織人

囲い込み症候群

仕事人と組織



欲しいもの

PROPAGANDA(プロパガンダ) ONE MAN KEY キーホルダー アイボリー3311:Yoshii9

【箱入】 生チョコもっちもち 6個【送料無料!】折りたたみ電動アシスト自転車ティグレGT/ガンメタリック

【送料無料】パナソニック 200GBHDD内蔵DVDレコーダー DIGA DMR-EX150-S[DMREX150S]プリンス オースリーホワイト (硬式テニスラケット)



リンク

このブログをリンクに追加する



ヒデキについて



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「普遍的な作品」の仕掛け人 ~書家 上田普~
「画面から感じる作品をしたいんです」 「普遍的な作品」の仕掛け人 ~書家 上田普~ 書家、上田普。 以下、プロフィールより。 ↓ 兵庫県生れ。幼少の頃から母親の元で書を学び、1996年四国大学書道コース卒業。 1998年書の源流を見直すべく中国杭州大学へ留学。各地の書の名跡を訪ね歩く。 2000年カナダ・トロントに渡る。筆文字のTatooのデザインが評判になり、トロント、オタワ、シカゴのショップ約20軒に販売。 2001年トロントのギャラリーでの展示販売、個展等がアートディーラーの目に止まり、この頃より世界有数のアートオークションである『Sotheby's(サザビーズ)NY』へ出展販売を行っている。 2002年制作の場を京都に移し、地元作家や職人との交流を持ちつつ、個展、合同展、アートイベントの参加の他、扇子や着物、CDジャケットのデザイン等の活動もこなす。 2005年には地元KBSラジオに出演。京都市美術協会より新鋭美術作家に選出。 2007年シャカラビッツの「満天の星を探そうとも空は見えない」PV出演。 カナダやアメリカで作品を発表し、 その後、京都にやってきたのが、上田普さま。 海外で作品を発表するのに、 日本語だけでは伝わらない。 そこで、 読めなくても 画面で感じてもらえる作品を つくっているそうです。 Sotheby'sNYである程度、作品が売れ始めたときには そこへの永住も考えたそうだが、 技術を超えた「良さ」を表現したいと考え、 京都にやってきた。 京都という土地は 書道のための道具がとにかく豊富で、 伝統のある場所だった。 そんな伝統から 自分のなかに何かを得たい。 そんな気持ちで、まずは 京都のたくさんの場所を訪れる。 しかし、期待していた「京都」を なかなか感じることができなかった。 そして、何気なくお好み焼き屋に入る。 そこで発見することになる、「京都」を。 普通のお好み焼き屋の お店に、有名日本画家の作品を見つける。 そう、京都には 当たり前のように、何気なく 価値のあるものがあったりするのだ、と。 また、そのお店の人と 話をすると、美術に詳しい。 とても価値のあるものでも 歴史ある京都では日常だったりもする。 それはつまり、 厳しい評価の目を持つ人が 多くいるということに つながる。 ここで作品を出していくことに 意味がある。 そう考え、京都を中心に 作品を展開していくことに。 京都には歴史があり、 たくさんの文化が残っている。 そういった残っているものに 刺激を受ける日々。 残っているものは 意味があって残っているから。 残っている理由をエッセンスとして 自分の作品に取り入れていく。 そして、 日本文化の作品として残っていくものをつくりたい。 残っていくものをつくるということは そこに残るだけの理由を形成できていることに なるから。 そこに普遍性が見出せるから。 京都を感じ、作品をつくりだしていく。 そんな上田普さまは、またひとりの 「京都の仕掛け人」です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。