働く京都の大学生日記
働くってどういうこと?就職って何?大学生は何を学ぶ?働きながら考えるブログです。
新ブログはこちら。

京都で一番有名ではない観光・就活・労働・写真ブログ



プロフィール

京都の大学生

Author:京都の大学生
大阪・難波でドラフト指名を受け、生まれる。天王寺にFA移籍後、奈良にトレード放出、京都にコンバートして今に至る。ひとり三都物語。政治・経済・法律・文化・教養と知識が多岐に渡っていると本人は思っているが、普段はくだらない発言ばかり。守備職人。趣味はテニス、好きな食べ物はドリア、好きな角度は斜め上。

現在は、京都系ベンチャーで営業修行中。



カテゴリー



インターンシップ情報!



愛用中

牛革 名刺入れ コバルトブルー



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



働きマン

働きマン(1)

働きマン(2)



ペット



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



ペット



京都系ベンチャーの本

フリーターっていいの?悪いの?



読むべき本

「外向きサラリーマン」のすすめ

認められたい!

選別主義を超えて

ベンチャー企業の「仕事」

ホンネで動かす組織論

求む、仕事人!さよなら、組織人

囲い込み症候群

仕事人と組織



欲しいもの

PROPAGANDA(プロパガンダ) ONE MAN KEY キーホルダー アイボリー3311:Yoshii9

【箱入】 生チョコもっちもち 6個【送料無料!】折りたたみ電動アシスト自転車ティグレGT/ガンメタリック

【送料無料】パナソニック 200GBHDD内蔵DVDレコーダー DIGA DMR-EX150-S[DMREX150S]プリンス オースリーホワイト (硬式テニスラケット)



リンク

このブログをリンクに追加する



ヒデキについて



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「学習する組織」の必要性
みなさま、元気ですか?僕は早くもテストが終わり、あとはレポートを終えるのみです。ということで、けっこうキラクなわけですということで、今回はタイトル通り、「学習する組織」の必要性に関して、自分なりに書いてみようと思います。

 「学習する組織」・・・米国にて、世界の先端企業とMIT(マサチューセッツ工科大学)、
              ハーバード大学などが協力して、数々の調査研究と企業内での
              実践的な試みを行い、1990年代初めに、「ラーニング・オーガニ
              ゼーション(学習する組織)」という概念が提唱さえた。

 「学習する組織」が提唱された背景には、一般的に、
1.ビジネスサイクルの短縮化により、現場で学習し、知識・ノウハウを身につけ
  行動しなければならないから。
2.グローバリゼーションによる社会環境の変化が原因となって、
  「知識経済の時代」が訪れたから。
と、言われています。

 ですが私は、組織というものそれ自身が、学習し続けないと滅びるものだと思っています。持続可能な組織を考えた場合、それは成長可能な組織づくりが必要だと思うのです。たとえば、高校野球のチームを考えてみると、能力の現状維持を考えた場合、その中ではマンネリが発生したり、サボるメンバーが発生してくるように感じます(確かに成長を目指していた場合でもサボりは発生しますが、成長する人もいるのでイーブンと考えています)。そうすると、メンバー同士の信頼も薄れ、チームが成り立たなくなってくるでしょう。また経済体制を見ても、すべてが平等公平に、と考えられた社会主義体制も、その現状満足化の考えから、ほとんどが崩壊し、資本主義のように競争から生まれる安定の必要性が見えてくるのだと思います。
 日々学び続けるということは、大変なことです。企業で言えば、ルーティーンに近い業務もあるでしょうし、その中から学びを喚起するのは非常に難しいことです。ですが、人も企業も、成長を目指してきたから今までやってこれたはずです。「休憩が許されない社会」と考えてしまうとプレッシャーになってしまうでしょうが、たとえば日々の気づきを大切にする、というだけでも「学習する」ということであるはずなので、実現可能レベルからの意識した行動が必要だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:人事・雇用制度 - ジャンル:就職・お仕事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://workcafe.blog57.fc2.com/tb.php/46-aba5e4d3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。