働く京都の大学生日記
働くってどういうこと?就職って何?大学生は何を学ぶ?働きながら考えるブログです。
新ブログはこちら。

京都で一番有名ではない観光・就活・労働・写真ブログ



プロフィール

京都の大学生

Author:京都の大学生
大阪・難波でドラフト指名を受け、生まれる。天王寺にFA移籍後、奈良にトレード放出、京都にコンバートして今に至る。ひとり三都物語。政治・経済・法律・文化・教養と知識が多岐に渡っていると本人は思っているが、普段はくだらない発言ばかり。守備職人。趣味はテニス、好きな食べ物はドリア、好きな角度は斜め上。

現在は、京都系ベンチャーで営業修行中。



カテゴリー



インターンシップ情報!



愛用中

牛革 名刺入れ コバルトブルー



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



働きマン

働きマン(1)

働きマン(2)



ペット



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



ペット



京都系ベンチャーの本

フリーターっていいの?悪いの?



読むべき本

「外向きサラリーマン」のすすめ

認められたい!

選別主義を超えて

ベンチャー企業の「仕事」

ホンネで動かす組織論

求む、仕事人!さよなら、組織人

囲い込み症候群

仕事人と組織



欲しいもの

PROPAGANDA(プロパガンダ) ONE MAN KEY キーホルダー アイボリー3311:Yoshii9

【箱入】 生チョコもっちもち 6個【送料無料!】折りたたみ電動アシスト自転車ティグレGT/ガンメタリック

【送料無料】パナソニック 200GBHDD内蔵DVDレコーダー DIGA DMR-EX150-S[DMREX150S]プリンス オースリーホワイト (硬式テニスラケット)



リンク

このブログをリンクに追加する



ヒデキについて



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長期インターンシップをするということ。
 今日は昼から、とある団体が主催のインターンシップ説明会に行ってきました。今日も毎度のように、たくさんの企業の社長や社員、インターンシップ経験者が集まっていました。
 インターンシップとは、学生が一定期間企業等の中で研修生として働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度で、3年次の夏・春の長期休暇中に行く事がほとんどです。学生への労働賃金は支払われませんが、大学によっては単位が認定されたり、活動支援金が支払われたりします。
 僕はいま大学に入って3年目ですが、なんやかんやで、他の人よりは長期間・多種のインターンシッププログラムに参加してきた気がします。その中でも、この今日、参加してきた団体のインターンシップは過激です。なぜなら、学生なのに、3ヶ月~6ヶ月みっちりと働くからです。いわゆる実践型の長期インターンシップなのです。
 2日の短期見学型や、2週間~1ヶ月の体験型では、「“仕事”を知る」「“働く”ということを知る」などの理由で参加し、社会を「見る」「知る」のレベルで入っていくことが多いようです。ですが、今日の説明は脅威の6ヶ月。並の決意じゃ参加できない、というわけです。

 最近は、一種のインターンシップ・ブームといえるような、インターンシップの隆盛がありまして、どんなタイプのインターンシップの会場でも、集客しまくっているようです。今日の説明会にも、たくさんのい人が集まっていました。ですが、6ヶ月のプログラム。果たして、何人が参加するのでしょうか…?
 ここまで長期になると、やはりほかの生活にも支障が出ますので、「みんながやっているから」「就職に有利だから」という理由で参加しようとしても、いざエントリーのときに尻込みしてしまいがちです。なので、この6ヶ月のプログラムを見ていていつも思うのですが、「何をするか」は大事じゃなくて、「やれるか」ということさえがポイントのように感じます。
 ヒマな人でも、やらない人はやらないですし、やれない人はやりません。忙しい人でもやる人はやります。結局、最初から職種を選んでるような人はやらないですし、ここで勝負したいと思っている人はやれます。

 ですが、必ずしも「やる」ことが正解とは言いません。人生に正解がないように、大学生活にも正解はありません。この6ヶ月のプログラムをやれば、遊びやサークル活動に費やせる時間は大幅に削られますし、バイトするのもキツくなってきます。
 しかし、参加者は一様に、何かしらの実感を得ているようです。「人間として成長した」「働き、成果を出す自信ができた」というふうに言う人も多く、ときには「まだまだということがわかった」といい、マイナスの気づきにたどり着く人もいます。まぁ、6ヶ月も経てば、そりゃ何をやっても何かしらの心境の変化があるのは当たり前ですが。
 この6ヶ月のプログラムにおいて、何をするかも重要ですが、それ以前に参加するだけで十分にすごいことだと思います。過去に参加したことを思い出してみると、やめておいたほうが楽しかったかもしれん…とも思います。が、いまほど充実した日々は送っていなかったような気がします。

 しかし、やれた人の目には、情熱が宿っていることは事実です。

 はたして、今日の説明会の結果、何人の人が参加するのでしょうか…?まだまだ書き足りていないのですが、すでに長文になってしまっていますので、また後日。


京都系ベンチャーで挑戦型インターンシップ!!

スポンサーサイト

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント
インターンシップはやって損はないですよね。
【2006/07/02 21:33】 URL | 就職活動 #aIcUnOeo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://workcafe.blog57.fc2.com/tb.php/40-0a97eaf2

大学生活中にやるべきこと。。。

 ども、キタミです。今日は木曜日、僕にとっては1~6限まで授業の、楽しいような悲しいような日です。3限はゼミで、夏休みのゼミ運営について話し合ったり、企業訪問の計画を立てたりしました。ま、今回は、そのことではなく、1回生の小クラス授業での出来事について。 【太田ゼミ】認められたい!Blog【2006/07/14 20:35】

土用の丑の日ストーリー。

はい、まずハンカチを用意してから読み始めてください。23日は、土用の丑の日でしたね。Wikipediaより抜粋///土用の丑の日(どようのうしのひ)は、土用の間で日の十二支が丑である日のこと。夏の土用の丑の日は、暑い時期を乗り切る栄養をつける為に、鰻を食べる習慣があ 【太田ゼミ】認められたい!Blog【2006/08/01 18:17】

P-cup(同志社大学政策学部バレーボール大会)@育真館

6月18日、同志社大学の政策学部では、ゼミ対抗でバレーボールが行われました。19ゼミが参加し、各ゼミからスタッフが集まり、事務室や教授方の協力のもと、大規模な大会が開催できたのです!その様子を。P-cupのトロフィー!開会式の様子。みんな静かに座っててくれて 【太田ゼミ】認められたい!Blog【2006/08/01 18:18】

組織への貢献度の尺度は?

 成果主義という言葉が一般的なものとして広まりましたが、今回はその中で、「組織への貢献」をどのように評価するのかという話を考えたいと思います。 成果主義を実際の人事考課に組み入れますと、能力・成果・情意の3 働く京都の大学生日記【2006/08/19 15:11】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。