働く京都の大学生日記
働くってどういうこと?就職って何?大学生は何を学ぶ?働きながら考えるブログです。
新ブログはこちら。

京都で一番有名ではない観光・就活・労働・写真ブログ



プロフィール

京都の大学生

Author:京都の大学生
大阪・難波でドラフト指名を受け、生まれる。天王寺にFA移籍後、奈良にトレード放出、京都にコンバートして今に至る。ひとり三都物語。政治・経済・法律・文化・教養と知識が多岐に渡っていると本人は思っているが、普段はくだらない発言ばかり。守備職人。趣味はテニス、好きな食べ物はドリア、好きな角度は斜め上。

現在は、京都系ベンチャーで営業修行中。



カテゴリー



インターンシップ情報!



愛用中

牛革 名刺入れ コバルトブルー



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



働きマン

働きマン(1)

働きマン(2)



ペット



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



ペット



京都系ベンチャーの本

フリーターっていいの?悪いの?



読むべき本

「外向きサラリーマン」のすすめ

認められたい!

選別主義を超えて

ベンチャー企業の「仕事」

ホンネで動かす組織論

求む、仕事人!さよなら、組織人

囲い込み症候群

仕事人と組織



欲しいもの

PROPAGANDA(プロパガンダ) ONE MAN KEY キーホルダー アイボリー3311:Yoshii9

【箱入】 生チョコもっちもち 6個【送料無料!】折りたたみ電動アシスト自転車ティグレGT/ガンメタリック

【送料無料】パナソニック 200GBHDD内蔵DVDレコーダー DIGA DMR-EX150-S[DMREX150S]プリンス オースリーホワイト (硬式テニスラケット)



リンク

このブログをリンクに追加する



ヒデキについて



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CSRがブームにならない理由
CSR。 Corporate Social Responsibility。 コーポレートソーシャルレスポンシビリティ。  日本語では「企業の社会的責任」と略されるCSR。コンプライアンス、リスクマネジメント、内部統制などを含んだ、持続可能な社会構築のために、企業等の団体が、その成果を求めるあまりに社会に悪影響を与えないための活動のことです。  が、この言葉はあまりテレビ等には出てきません。「コンプライアンスの遵守」「リスクマネジメントの徹底」という形でしか話されません。たとえばもっとCSRという語が出てきても良かった事象に、雪印の事件があったり、最近ではミートホープ社の件があるのですが、「説明責任」という表現に留まっていました。  特にこのミートホープ社の場合、どちらかといえば有名ではない企業で、有名企業中心のCSR活動から、すべての企業への浸透になるいい機会だったはずです。なのに、それが強烈に押し出されなかったのは、なぜ?について考えてみました。  CSRの活動において、利害関係者(ステークホルダー)への説明責任が重要、とはよく言われることです。その文句を見て、ふと思ったのですが、CSR推進がなされる場合の、利益を得る人、害を受けるのは、どのような勢力なのでしょうか。害を受けるのは、最近の中国問題に関連しての100円SHOP関係ですかね。100円SHOPの商品などは安価に提供するために輸入モノが多いはずです。その中で、自分のところは問題が発覚していないから大丈夫、ではなく、CSR的なものが広まっている昨今においては、自主検査して、その安全性を確認せねばならず、それによる費用がかなりかかるはずです。  では、CSRを推進することで利益を得るのは?と考えてみますと、法律関係の人々であったり、市民(消費者)だと思うんです。でも、それらが、大声で発するようなものではCSRではないんですよね。  企業にとって、CSRとは?で考えていくと「当たり前のこと」なんですよね。規模は違えど、CSRは家庭のしつけが企業レベルになった程度です。ハーズバーグの言う「衛生要因」なんだと思うんです。CSRって、間違えて企業の社会貢献って考えている人がけっこういますが、社会に対する責任を果たすというものなので、「動機付け要因」よりも「衛生要因」、つまりはあれば不満にはならないが、整っても満足にはならない、ということです。  ECOのようなブームにならなかった理由を簡単に考え記してみました。まぁ、けっこう長い文章になりましたが。また、各部分についてもうすこし細かく書く機会があれば、書きます。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。