働く京都の大学生日記
働くってどういうこと?就職って何?大学生は何を学ぶ?働きながら考えるブログです。
新ブログはこちら。

京都で一番有名ではない観光・就活・労働・写真ブログ



プロフィール

京都の大学生

Author:京都の大学生
大阪・難波でドラフト指名を受け、生まれる。天王寺にFA移籍後、奈良にトレード放出、京都にコンバートして今に至る。ひとり三都物語。政治・経済・法律・文化・教養と知識が多岐に渡っていると本人は思っているが、普段はくだらない発言ばかり。守備職人。趣味はテニス、好きな食べ物はドリア、好きな角度は斜め上。

現在は、京都系ベンチャーで営業修行中。



カテゴリー



インターンシップ情報!



愛用中

牛革 名刺入れ コバルトブルー



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



働きマン

働きマン(1)

働きマン(2)



ペット



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



ペット



京都系ベンチャーの本

フリーターっていいの?悪いの?



読むべき本

「外向きサラリーマン」のすすめ

認められたい!

選別主義を超えて

ベンチャー企業の「仕事」

ホンネで動かす組織論

求む、仕事人!さよなら、組織人

囲い込み症候群

仕事人と組織



欲しいもの

PROPAGANDA(プロパガンダ) ONE MAN KEY キーホルダー アイボリー3311:Yoshii9

【箱入】 生チョコもっちもち 6個【送料無料!】折りたたみ電動アシスト自転車ティグレGT/ガンメタリック

【送料無料】パナソニック 200GBHDD内蔵DVDレコーダー DIGA DMR-EX150-S[DMREX150S]プリンス オースリーホワイト (硬式テニスラケット)



リンク

このブログをリンクに追加する



ヒデキについて



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NAMAE
なんでもかんでもに 名前をつけて、 それを それと 認識する。 しないといけない。 なんかそうじゃなくてもいい気がするけどなぁ。。 「コレ」が「コレ」と確定させなくても いいと思うのですが。 ・・・ということを ブログ書いている人間が言うのも おかしいかw
スポンサーサイト

当たり前のことが当たり前と
当たり前のことが 「当たり前」と感じられる場面が 多いです。 それが嬉しいです。 うまくいえないのですが、 例えば、 挨拶が大事、ということは アタマではわかっていますが、 それが 実際に挨拶によって 何か救われた体験があると 当たり前のことが 当たり前と実感できる。 そういった経験が増えていけば、 もっと行動にリアリティが現れるんでしょうね。

理路整然としないでいこう
論理的、って最近つまらなく感じています。 起承転結が明確に出ていたり、 釈然としているものよりも、 なんかわからないものや 意図が不明なものに惹かれます。 まぁ、そうは言っても 普段はできる限り論理的に行こうとは していますよ。 それがフツーですから。 論理的に最適なものを チョイスしていくことで、 しっかりと結果をめざしていけますから。 しかし、 少しぐらい危なっかしいぐらいの 企画を通してみたいなーという気分があります。 ハイリスクハイリターンというか。 うーん。 うまく表現できないのですが 論理的に最適なものって、 その範囲を超えないと思うんですよ。 それよりも 可能性の臭いがプンプンするものを 選んでみたいな、と。 あ、うん。 自分の枠を超えてみたいんですよ、きっと。 もうひと伸びしたいっすねーーーーーーー。 理路整然としないでいこう

一流になるための条件
一流になるための条件。 それはやはり、努力である。 それを再実感した。 最近は、残業を減らすための企業努力として 退社時間を決める企業が増えてきましたが、 誰よりも抜け出して仕事をしていくためには 誰よりも努力しなければならないのは当然でしょう。 毎朝5時に出社している人に今日、会ってきた。 学ぶべきところは多い。 一流になるための条件

アイデア出しについて
アイデアの出せる人と 出せない人の違いについて。 ノーベル賞をとる人は 最高の思いつきがあったからでしょうか。 実際は弛まぬ努力があったと思います。 同様に一般レベルにおいても、 アイデア出しは日々の鍛錬が大事ではないでしょうか? ひらめき、という単語で終えてしまいがちですが、 ひらめきの内容を実際に詳しく調べてみると、それが起こるまでの 経験があったからそれが生まれたということがわかります。 経験×経験=アイデア なので、 アイデアが出ないーといって最初から諦めるのではなく 日々、アイデアを出すトレーニングをしていけば、いざというときに アイデアをすんなり出せるようになる、と思っています。 とりあえず思いついたことを書き出すようにしていけば アイデア出しのトレーニングになるはずです。 最初からあきらめない姿勢です。 アイデア出しについて

アメとムチ。
アメとムチの使い分けが完璧な人がいたら ぜひ教えて欲しい。細かく教えてほしい。 赤ん坊から幼児の教育において 誉めることが重要だと言われていますが、 オトナになれば、叱らなければならないときも あると思うんです。 というか、叱って当たり前でしょう。 で、オトナを相手に どのように誉めるか。 難しい。 それよりも 最近難しいなぁと思うのは 怒ることの難しさです。 ただ、やたらと怒るのではなく、 怒るべくして論理的に怒ると言いますか。 戦略的怒り方といいましょうか。 計画的に、相手に対して愛をもって 的確に長すぎず効果を発揮するように 怒る。 うわー難しい。 うーん、 上手に誉める。 上手に怒る。 少し練習しましょうかね。 アメとムチ

自分ではなかなか気づかない。
少し前にも似たようなことをかいたのですが。 アタマで理解していると思っていて ほかの人へのアドバイスとして口から出てくる教訓などが ありますが、 それが自分の態度・行動に現れているかどうか ということを考えてみると まだまだだなと思います。 わかっているはずなのに、 それが実践できているかどうか。 それは、かなりできていないのではないかと思います。 そんなときに それに気づかせてくれる人の存在は とても大事です。 自分に気づきを与えてくれる人は 重要であるということはもちろんですが、 それをさらに強く意識していきたいと 思います。 それはあくまで受容一方ではいけないので、 自分自身からも発信していくべきでしょう。 その一環が、このブログなのかもしれません。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。